《新色追加 ピンクベージュ追加生産決定》フォルムエアリーカットソー22SS qualite 【98%OFF!】 ブランドのギフト カリテ

《新色追加&ピンクベージュ追加生産決定》フォルムエアリーカットソー22SS qualite (カリテ)

7735円 《新色追加&ピンクベージュ追加生産決定》フォルムエアリーカットソー22SS qualite (カリテ) トップス カットソー・Tシャツ トップス , カットソー・Tシャツ,qualite,showakigyo.jp,/hydnocarpate1193280.html,《新色追加&ピンクベージュ追加生産決定》フォルムエアリーカットソー22SS,(カリテ),7735円 《新色追加 ピンクベージュ追加生産決定》フォルムエアリーカットソー22SS qualite ブランドのギフト カリテ トップス , カットソー・Tシャツ,qualite,showakigyo.jp,/hydnocarpate1193280.html,《新色追加&ピンクベージュ追加生産決定》フォルムエアリーカットソー22SS,(カリテ),7735円 《新色追加 ピンクベージュ追加生産決定》フォルムエアリーカットソー22SS qualite ブランドのギフト カリテ 7735円 《新色追加&ピンクベージュ追加生産決定》フォルムエアリーカットソー22SS qualite (カリテ) トップス カットソー・Tシャツ

7735円

《新色追加&ピンクベージュ追加生産決定》フォルムエアリーカットソー22SS qualite (カリテ)




























人気につき、ピンクベージュも追加生産決定!

*Detail*
秋冬に大好評いただいた、ダンボール素材のトップス(No.32430020010)に新色が登場。
袖のボリュームと身頃のフォルム感がポイント◎
着るだけで立体的なシルエットが完成する逸品。
首元にスリットを入れ、抜け感を与え、女性らしいディテールをプラス。
空気をはらむので、軽いけど暖かく着られるイチオシのアイテムです。

*Coordinate*
一枚でスタイリングが決まる逸品。
ウール素材やニットが苦手な方にもおすすめのトップス。
冬はアウターを重ねて、春先は一枚でさらっと着られる逸品。
冬、春、秋と3シーズンお使いいただける万能なアイテムです。
カットソー素材ですが、カジュアル過ぎず、オフィスカジュアルスタイルなどでも活躍してくれそう。

※ピンクベージュのみ1月下旬のお届け予定となります。

クリーム モデル:H165 B80 W59 H85 着用サイズ:F
ブルー モデル:H165 B80 W59 H85 着用サイズ:F
グレー モデル:H165 B80 W59 H85 着用サイズ:F
ピンクベージュ モデル:H171 B80 W58 H86 着用サイズ:F

SIZE
サイズ:F,着丈:73.2cm,胸囲:112.2cm,裄丈:76cm,裾幅:122.5cm,袖口周り:23cm
※記載の寸法は、商品をメジャーで採寸した実寸のため、商品タグ等に記載のサイズとは異なります。
メーカー品番:
32430020013
店舗へのお問合せ時にはこちらの番号をご連絡ください
商品番号:
504461740
素材:
ポリエステル52% 毛37% ナイロン11%
原産国:
日本

《新色追加&ピンクベージュ追加生産決定》フォルムエアリーカットソー22SS qualite (カリテ)

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.